PR

 Philips Semiconductors社は,同社製品では第三世代に当たるIEEE1394用リンク層LSI「PDI1394L41」を発売した。ディジタル・セットトップ・ボックスやディジタル・テレビ受像機,D-VHS方式VTRなどのAV機器を用途とする。IEC61883規格のAVプロトコルを処理するハードウエア回路を内蔵した。
 
 
 CPTWG(Copy Protection Technical Working Group)が定めたDTCP(Digital Transmission Content Protocol)仕様(いわゆる5C仕様)に準拠した著作権保護機能を備える。12Kバイトのバッファ用FIFOメモリを内蔵する。このFIFOメモリは,Isochronous送信用,Isochronous受信用,Asynchronous送信用,Asynchronous受信用などに使い分けが可能である。

 ホスト・マイコンとの接続要に8ビットあるいは16ビットのインタフェースがある。現在はサンプル出荷中で2000年第4四半期に量産を始める予定。1万個購入時の単価は7.10米ドルである。なお,同じ機能を備え,著作権保護機能だけを取り外した廉価版「PDI1394L40」もある。量産時の単価は6.30米ドル。

 ちなみに,PDI1394L41と同様の著作権保護機能を備えたLSIは,ソニーや米Texas Instruments Inc.(関連記事はこちら→),NEC(関連記事はこちら→)なども発売済みである。