PR

 米IBM Corp.,米Hewlett Packard Coと米ラスベガスのホテル「The Venetian Resort-Hotel-Casino」などは,2000年11月13日から開催する展示会「Comdex Fall 2000」の期間中に,Bluetooth対応機器を随所に配置したホテル・サービスのデモンストレーションを行なう(発表資料)。Bluetooth対応ノート・パソコンやプリンタ,携帯型情報機器などをホテル利用者に貸与し,「ワイヤレス・チェックイン」や,「ワイヤレス・プリンティング」を行なう。デモに参加するメーカは,米IBM 社,米Texas Instruments,Inc.,TROY XCD社,米Widcomm社,米Silicon Wave社,米Pistachio,Inc.,米HP社など。

 デモには,米Handspring社の「Visor Deluxe」に,米Widcomm社のBluetooth用アダプタ「BlueConnect」を挿し込んだものを利用する。このVisorをもつホテル利用者が,無線でチェックイン処理を済ます。ホテルのフロントには,TROY社が提供するBluetoothアクセス・ポイントが設置されており, Visorと情報のやりとりをする。Visorの画面には,指定された部屋までの道順が表示される。このVisorは,部屋のカギにもなっており,自動車の「キーレス・エントリー」のようなかたちで,自分の部屋のカギを開ける。部屋内には,IBM社のノート・パソコン「ThinkPad T20」と,HP社のプリンタ/FAX/スキャナ複合機「OfficeJet 520」が設置されており,いずれもVisorとBluetoothでデータのやりとりができる。ファイル交換や電子メールのデータのやりとり,プリント出力などが可能という。システム構築には米Inn Technology,Inc.が,ワイヤレス・プリンティングのソフトウエアはTROY社が提供する。

 デモの舞台を提供するVenetianホテルは,今回のような設備を,「近い将来,実際のサービスとして提供したい」という。