PR
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は,Bluetooth用送受信モジュールを内蔵したノート・パソコンとアクセス・ポイントを,WPC EXPOで出展した。展示したのは,2000年12月に発売予定のオールインワン型ノート・パソコン「NE5/60W」と,無線でのダイヤル・アップ接続用アクセス・ポイント。

 いずれも初めての展示となる。「CEATECでは残念ながら見せられなかった。今回が初披露になる」(ブースの担当者)。

 筐体内部に送受信モジュールを実装した。アンテナも内部に実装したという。モジュールのメーカは「デンマークDigianswer社ではないところ」と言うにとどまった。

 今回のWPC EXPOでは,Bluetooth対応機器が多数出展しているため,「少し電波が混信してくる。接続の調子が時間帯によって変化する」と,こぼしていた。