PR

 米Texas Instruments Inc.は,2ポートの物理層回路を内蔵したIEEE1394リンク層コントローラLSI「TSB43AA82」のサンプル出荷を始めた。プリンタやスキャナなどの画像処理装置,DVDプレーヤやハード・ディスク装置といった外部記憶装置など,主にパソコン周辺機器に向ける。

 同社従来品では,内蔵する物理層は1ポートのみだった。今回は,製造プロセスを0.15μmルールに微細化することでチップ面積の増大を抑え,2ポートの集積化を図った。物理層1ポートのみを内蔵するコントローラLSIを二つ使う場合に比べ,実装面積を25%削減できるという。

 SBP2のプロトコル処理用回路を内蔵する。このためマイコンを外付けする必要がない。

 電源電圧は+3.3V。消費電力は現時点では未確定とするが,同社従来品と同等程度になるもよう。内部動作電圧を従来の+3.3Vから+1.8Vに下げることで,ポート数の増大に伴う消費電力の増加を抑制した。

 IEEE1394aに準拠する。最大データ伝送速度は400Mビット/秒。144ピンのQFP(quad flat package)に封止した。サンプル価格は1600円である。量産出荷は2001年第1四半期を予定している。