PR
[画像のクリックで拡大表示]

近距離無線データ通信技術「Bluetooth」の開発者向け会議「Bluetooth Developers Conference」(公式サイト)が,米国時間の明日12月5日から,サンノゼ市で開催する(写真)。

  同会議は,Bluetooth対応機器の設計/開発者にとって最大のイベントであり,例年世界各国のSIG加盟企業から2000人以上が参加している。ちなみに12月5日時点で,SIGの会員企業数は2074社に上っている(SIGのホームページ)。3日間の会期中に,のべ120以上の講演が,5つのトラックに分かれて行なわれる予定である。

  今回の会議では,動画伝送用途や自動車向けなど,次世代Bluetooth仕様策定に向けた作業部会の講演が注目を集めそうだ。1999年12月に開催した同会議で,Bluetoothの新たな応用展開に向けた12の作業部会が発足したが,それらの進捗状況などが明らかになる。

  このほか,主導企業であるスウェーデンEricsson社とフィンランドNokia社の新端末に関する発表や,機器認証プログラム(Qualification Program)の展開,そして加盟企業各社の対応製品の展示などにも関心が集まっている。