PR
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoothの開発者向け会議「Bluetooth Developers Conference」が米国時間の12月5日から始まった。主催事務局によれば,参加者は3000人と,2000年6月にモナコ公国で開催した同会議の2000人を上回る数だと言う。

 開催日初日の基調講演には,米Intel Corp.のFrank E. Spindler氏が壇上に立ち,Bluetoothの将来性に対する期待を語った(写真)。同氏の講演によれば,Intel社は,2001年なかころからパソコン・メーカ向けに同社の送受信モジュール「Ambler」を提供して行くという。それらを使って,「まずはBluetoothをノート・パソコンの必須インタフェースにする。その後,IEEE802.11bの無線LAN用送受信モジュールを,ノート・パソコンに内蔵することを推奨する」(米Intel Corp. Architecture GroupのFrank E. Spindler氏)という。