PR
[画像のクリックで拡大表示]

 北欧のデパート・チェーンであるICA Ahold社は,2000年12月19日,Bluetoothを利用した電子支払いシステムの利用実験を行なったことを明らかにした(発表資料)。

 デパートの利用者が,料金の支払いや,勘定のチェック,販促品/掘り出し物の探索などを,Bluetooth対応携帯電話機を使って行なうというもの。通常のように,キャッシュ・レジスタを使う場合や,クレジット・カードを使った処理よりも,早く簡単にできるとしている。

 デパートのような環境において, Bluetoothによる無線データ通信がどの程度実現可能なのかを試験するのが目的。実験にはスウェーデンEricsson社が協力している。

 ストックホルム郊外にあるICA Ahold社の店舗内に,複数のBluetooth用アクセス・ポイントと,Bluetooth対応サーバ機を設置した。実験には,Ericsson社のWAP対応携帯電話機「R320」に,Bluetooth用アダプタを装着して利用した。実験の結果は「デパートのような環境で,Bluetoothを使った無線による電子支払システムが良好に稼動することが実証された」(ICA社)という。

 ICA Ahold社は,スカンジナビア半島およびバルト海沿岸諸国に,4600あまりの店舗を保有している。