PR

 米3DSP社が、DSPコアを搭載したシステムLSI向けのバス・コントローラ・コア「DSP-Shuttle」の販売を開始した。DSPコアとデータ・バスやアドレス・バスを共有している周辺回路のうち、最も性能の高い回路がデータを入出力するとき、バスの最大データ転送速度を発揮する。また、データ転送速度がそれほど速くなくなくてもよいような動作条件では、バスでの消費電力を最小限に抑える動作をする。

 DSP-Shuttleは、ライセンス契約を結ぶことでVHDLまたはVerilog-HDLで記述したソース・コードが供給される。同時に利用するDSPの種類は特に指定していない。ただし、3DSP社のDSPコア「SP-5」または「SP-3」と組み合わせて利用する場合に最も効率のよい動作をするように設計されている模様である。