PR

 「今後のパソコン市場をけん引するのは,ホーム・ネットワークであると考えています」。こう語るのは、台湾のCyberLink Corp.で開発部門のVice Presidentを務めるJohnny Tseng氏である。CyberLinkは,ビデオ編集関連のソフトを開発・販売する企業で,主にOEMビジネスを展開している。顧客には,米Hewlett-Packard Co.,米Dell Inc.,台湾Acer Inc.などのパソコンのトップ・メーカーが名を連ねる。同氏が描くホーム・ネットワークとは,ユーザーが撮り貯めた写真やビデオ、音楽を,インターネットを介して友人たちと共有することができるようなソフトウェア・ソリューションである。Johnny Tseng氏に,CyberLinkの現状や今後のHDビデオ関連の動向について聞いた。

問 電子産業は非常に変化の激しい産業です。その変化に追随するため,研究開発に力を入れていると思いますが,どのような製品の研究開発に注力されているのでしょうか。

答 研究開発のターゲットはもちろん,ビデオ編集ソフトです。特にポスト・プロセシングに力を入れています。例えば,画像の補間技術や、SD(Standard Definition)映像からHD(High Definition)映像への高画質化の技術です。ビデオ解析技術にも力を入れています。ビデオ解析技術は,例えばビデオ映像を解析してインデキシングするなどの技術で,「MagicSports」のような製品に組み込まれています。
 現在、弊社は,こうしたインテリジェントなソフトの開発に注力しています。この分野への投資は,現状の製品を成功させるうえで極めて重要です。
 このほか,DLNA(Digital Living Network Alliance)対応のホーム・ネットワーク・ソリューション関連のソフト開発にも力を入れています。例えば,ユーザーが自分のパソコンの中に撮りためた写真やビデオ,音楽を,DLNAを介して家の中のどこからでもDLNAにつながった機器を使用し,友人たちと共有することができるようなソリューションです。

(この記事の詳細はこちら