PR

 米Altera Corp.が,同社の大規模FPGA「APEX」の+1.8V動作版を5種類発売した(プレス・リリース)。ルータやスイッチ,W-CDMAの基地局などへの応用に向けている。最小加工線幅が0.18μm,7層配線の製造技術を採用している。

 発売した5種類のチップは以下の通り。プログラム可能な最大回路規模が約10万システム・ゲートの「EP20K100K」,同約20万システム・ゲートの「EP20K200K」,同約30万システム・ゲートの「EP20K300K」,同約40万システム・ゲートの「EP20K400K」,同約60万システム・ゲートの「EP20K600K」。