PR

 青色LEDなどの製造を手がける米Cree Research,Inc.は、2000年度第2四半期(1999年10月~12月)の決算を発表した。それによると売上高は対前年同期比で70%増の2393万米ドルと、2000年度第1四半期に引き続き大幅な伸びを見せた。対前期比では19%増である。純利益も対前年同期比で103%増の578万4000米ドルと急伸した。粗利益率(gross margin)は53%で、前期の47%から一気に6ポイント伸ばした。

 こうした急成長を支えたのは高輝度LEDである。この製品だけに限れば、売り上げは対前期比で約60%増である。携帯電話機や自動車のインスツルメンツ・パネルなどに向けた出荷が好調だったという。なお同社では高輝度LEDの生産能力の増強に着手しており、2000年第4四半期には新工場が立ち上がる予定だ(ニュースリリース)。新工場の面積は12万5000(フィート)2である。

【関連記事】 米Creeの2000年度第1四半期決算