PR

 米Aptix Corp.は,同社のプロトタイピング・システム「System Explorer」のセットアップ用ソフトウエア「Expedition」を発売した(リリース文)。これまで,System Explorerは基本的にゲート・レベル・データを使って,セットアップしていた。今回,米Synopsys, Inc.のFPGA向け論理合成ツール「FPGA Compiler II」と,設計データ分割・統合ツール「Logic AggreGATEr」からなるExpeditionにより,RTLデータを用意すれば,System Explorerがセットアップできるようになった。Logic AggreGATErは設計全体をSystem ExplorerのFPGAにうまく収めるように,設計中の大規模モジュールを複数に分割したり,複数の小規模モジュールを一つにまとめたりする。