PR

 東芝と韓国Samsung Electronics Co.,Ltdは,両社がそれぞれ販売するメモリ・コントローラ回路内蔵型の携帯機器向けNANDフラッシュ・メモリについて,インタフェース仕様や商標の使用を相互に許諾することで合意した(発表資料)。

 この相互ライセンスにより,Samsung社は,東芝が開発した「LBA-NAND」や「mobileLBA-NAND」とメモリ・インタフェースが互換で製品名にもこれらの商標を冠したものを生産,販売できるようになる(Tech-On!関連記事1同2)。逆に東芝はSamsung社の「OneNAND」や「Flex-OneNAND」について,同様の条件で生産,販売が可能になる(同3同4)。両社は互いの仕様を適用した新製品の2008年中の市場投入を目指す。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む