PR

 オランダRoyal Philips Electronics社Semiconductors部門は,16Mバイトのメモリ空間をサポートする,8ビット・マイクロコントローラ「80C51MX」を開発した(リリース文)。名称の通り,8ビットMCU「80C51」を拡張したもの。80C51MXと80C51はオブジェクト・コード互換で,80C51向けのプログラムがそのまま使える。また,80C51バスとの互換性もあるため,周辺LSIやASICも80C51向けのものが使えるという。なお,80C51とピン互換で,容量が64Kバイト~256バイトのOTPまたはフラッシュEEPROMと80C51MXコアを集積する品種も用意する予定。

 メモリ空間が64Kバイトから16Mバイト(内部と外部の合計)に拡張されたことで,C言語など高級言語による開発が容易になったという。80C51MX用のコンパイラ,デバガ,シミュレータ,リンカなど開発ツール群は,米Keil Software, Inc(ホームページ)が開発を進めている。80C51MXのサンプル出荷は2000年第3四半期,量産出荷は同第4四半期の予定。Keil Software社のツール群は2000年第3四半期に出荷開始される。