PR

 米Lattice Semiconductor Corp.は,同社の設計ツール「ispEXPERT」と昨年6月に買収した米Vantis Corp.(EDA Online関連記事)の設計ツール「Design Direct」を統合し,新たな設計ツール「ispDesignEXPERT」を発売した(リリース文)。ispDesignEXPERTは,MACHなど旧Vantis社のPLD全品種を含めて,現在Lattice社が扱う全製品の設計に適用できる。

 ispDesignEXPERTは,包含するツールなどが異なる複数の品種をそろえる。まず,「ispDesignEXPERT-HDL」を発売する。この品種には,サード・ベンダの製品として,米Exemplar Logic, Inc.と米Synplicity Inc.の論理合成ツール,米Model Technology, Inc.のHDL論理シミュレータを含む。また,Lattice社独自のツールとして,ABELや回路図入力ツール,解析ツールなどを内蔵している。PLDをボードに搭載後に(再)プログラミング(いわゆるイン・システム・プログラミング)するための「ispVM」も含まれる。

 ispDesignEXPERT-HDLには2品種がある。最大600マクロセルの設計に適用できる「ispDesignEXPERT-HDLベース」は12万9400円。設計規模に制限のない「ispDesignEXPERT-HDLアドバンス」は51万9400円。