PR

 富士通は,システムLSIのテストを行なう後工程専門工場「会津テストセンター(仮称)」を会津若松市の新工業団地に建設すると,再度発表した(リリース文1)。同団地には,当初,前工程の工場を建設する予定だったが,昨年3月に,テスト専門工場に変更する旨を発表した(リリース文2)。今回のリリース文1では,同センタの規模などを発表した。2000年4月に建屋を着工し,同年11月に操業開始の予定。延べ床面積は約1万5000m2。従業員は約500名。富士通のシステムLSIのテスト拠点としては,最大規模になるという。なお,同センタの建設ならびに運営は,半導体の後工程会社である「富士通東北エレクトロニクス(本社:福島県会津若松市)」が行なう予定。