PR
[画像のクリックで拡大表示]

シャープは,Bluetooth用CompactFlashカードと,送受信モジュールを2001年2月から順次サンプル出荷することを明らかにした(発表資料)。

シャープは,2000年10月に開催した展示会「WORLD PC EXPO 2000」において,CompactFlashカードのモックアップなどを出展していたが,実際に製品化を明らかにしたのは今回が初めて。サンプル価格は,CompactFlashカードが2万5000円で,送受信モジュールが1万円。CompactFlashは2001年3月から,送受信モジュールは2001年7月からそれぞれ量産出荷する予定。

いずれもBluetoothのVersion1.0b規格に準拠している。さらに,Version1.1規格が固まり次第,対応していくという。送信出力は0dBm(最大伝送距離が10m程度)である。

送受信モジュールには,RF回路のみのタイプと,RF回路+ベースバンド処理回路のタイプがある。外形寸法はそれぞれ,16.0mm×13.8mm×2.5mmと17.0mm×17.0mm×2.5mm。