PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Palm Computing社は,2001年2月14日,15日に東京で開催された開発者会議「PalmSource Forum Tokyo 2001」で,携帯型情報端末「Palm Vx」向けのBluetoothケースを見せ,2台のPalm機で対戦型ゲームをするデモを行った。このケースにはBluetoothモジュールが内蔵されており,Palmと接続するためのコネクタがある。モジュールに搭載されているBluetooth用チップ・セットは米Silicon Wave社製。具体的な用途としては,Bluetooth対応の携帯電話機と組み合わせることで,携帯電話機をかばんの中に入れたままPalmで電子メールを確認するといったことを想定している。

  Palm社はこのカバーの製品化時期は明らかにしていないが,ソフトウエアはPalmOS4.0以降で対応する予定。PalmOS4.0にBluetooth用のソフトウエア・ライブラリを添付したものを,「PalmOS4.0 with Bluetooth」としてPalmOS4.0の発売後にリリースする計画である。このBluetoothライブラリと評価用ケースを,特定の開発メーカ向けには2001年3月に,一般の開発メーカ向けには2001年第2四半期に出荷を始める。2001年3月に入手希望のメーカは,Palm社のホームページで応募できる。

  将来は,カバーでなく,BluetoothモジュールをPalm機本体に内蔵する。「この時期はおそらく2002年か2003年になる」(同社 Developer Technical Support ,Sr.Developer Support EngineerのGeoff Richmond氏)という。