PR

サンケン電気は,半波電流共振型のスイッチング電源に向けた制御IC「STR-Z9189」「SSC9100」を発表した。液晶テレビやPDPテレビなどの電源用を想定している。半波電流共振型では2次側は半波で整流するため,全波電流共振型で必要とする部分,例えばトランスにおける逆極性の巻き線や逆極性用の整流ダイオードが不要になる。全波電流共振型は,液晶テレビやPDPテレビで現在主流のスイッチング電源である。半波電流共振型は全波電流共振型に比べると,トランスには安価な積層トランスが使える上,部品点数が少なくなるので電源の部品コストが減り,さらに電源設計が容易になるという。加えて,2次側にDC-DCコンバータを使わずに複数の電圧を直接供給できるので,2次側の回路構成も簡略化できるとする。例えば,液晶テレビの場合,半波電流共振型を使うことで,冷陰極蛍光管用インバータ回路や,液晶パネル,液晶コントローラ,映像処理回路などに直接電力を供給できる。サンケン電気の試算では,半波電流共振型は全波電流共振型に比べて電源システム全体の部品点数を,液晶テレビの場合で約20%減らせるという。PDPテレビの場合はさらに削減効果が大きく,約30%減になるとみる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)