PR
独特な外観
独特な外観
[画像のクリックで拡大表示]
無機配向膜を採用して光の照射に対する信頼性を高めた高温多結晶Si TFT液晶パネル
無機配向膜を採用して光の照射に対する信頼性を高めた高温多結晶Si TFT液晶パネル
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは,高輝度かつ高精細な業務用の前面投射型プロジェクターを発売する。明るさ6000lmで画素数が2048×1080の「VPL-FH300L」,明るさ7000lmで画素数が1366×800の「VPL-FW300L」の2機種を用意する。発売日はそれぞれ2008年2月12日,同年3月22日。価格はオープンだが,市場想定価格はそれぞれ400万円前後,220万円前後になるという。

 大学の大講堂や企業の会議室,イベント会場などでの利用を想定する。機器の形状は円形と珍しく,設置空間の美しさを求める用途への訴求も狙う。

 表示素子には,新たに開発した高温多結晶Si TFT液晶パネルを採用する。画面寸法は1.2型。無機配向膜を用いたパネルである。光源である高圧水銀(UHP)ランプから照射される光には,短波長の紫外光が含まれる。無機配向膜は,この紫外光を吸収しにくく,強力な光の照射に対する信頼性が高いという。

 光に対するパネルの信頼性が高まったため,UHPランプを2灯用いて輝度を高めた。それぞれ275W品である。2灯使用,1灯使用,自動切り替えといったモードを選択して,明るさを調整することもできる。

【訂正】記事初出時,「VPL-FH300L」の明るさを600lm,「VPL-FW300L」の明るさを700lm,としていましたが,正しくはそれぞれ6000lm,7000lmでした。本文は修正してあります。お詫びして訂正いたします。

この記事を中国語で読む