PR

 独占禁止法違反の疑いで米司法省と19州が米Microsoft Corp.を訴えていた裁判で,原告がMicrosoft社を分割する改善要求を提出したことに対し,Microsoft社は米国西部時間の3時から記者発表を開いた。原告の要求はMicrosoft社をOSの会社と,アプリケーション・ソフトウエアの会社に「再構築」するというもの。記者会見で同社会長兼Chief Software ArchitectのBill Gates氏は「「再構築」などという言葉を使っているが,この提案はOS会社を解体しろと言っているに等しい。Windows OSとOfficeをそれぞれ別の会社で開発することなど不可能だ」と反論した。「25年間にも渡って消費者のみならず米国経済全体に良い影響を与えつづけてきたわが社に,今回の請求のような判決が下されるわけがない」と述べた同社社長兼CEOのSteve Ballmer氏が,感極まる一幕もあった。