PR

据置型VTRにミニディスク・レコーダ,セットトップ・ボックス,次世代ゲーム機… 堰を切ったように,IEEE1394対応品が登場した。「すべてのディジタル機器にIEEE1394を装備」と,民生機器業界の決意は固い。IEEE1394をインフラにしたいとする。 そのためにも,機器の相互接続性を確保することが機器メーカにとって当面の重たい課題となる。新たな技術も見えてきた。長距離/高速版の規格「P1394b」がベールを脱ぐ。

第1部<時代の流れ>一心不乱の民生機器業界,模様眺めのパソコン業界
第2部<今日の課題>1対1からネットワークへ,機器の接続性が焦点に
第3部<2000年の技術>長距離/高速版のP1394b,符号化や調停方式を一新

第1部<時代の流れ>
一心不乱の民生機器業界,模様眺めのパソコン業界

(本誌の要点から) 民生機器市場を中心に,IEEE1394が着々と普及している。 カメラ一体型VTRだけでなく,据置型VTR,ミニディスク・レコーダ, セットトップ・ボックスと,対応製品の種類が急速に増え始めた。 迷いのない民生機器メーカとは対照的に,パソコン業界の取り組みはいま一つ。 米Apple社とソニーを除けば,積極的なパソコン・メーカが見当たらない。 米Intel社がIEEE1394の採用計画を中止し, USB2.0の開発計画を旗揚げしたことがマイナス要因になっている。


図1 民生機器業界とパソコン業界では取り組みの姿勢に大きな差


図2 最近になって発売されたIEEE1394対応製品の例

第2部<今日の課題>
1対1からネットワークへ,機器の接続性が焦点に

EEE1394で接続できる機器の種類が急速に増え始めた。機器設計者を悩ませていた,LSIの相互接続性の問題は解消されつつある。次の問題は,機器レベルに移る。いまのところ接続できる機器を限定することで対処しているが,いずれは機器の種類を問わずに接続できるようにしたいところだ。他社製品も含めたネットワークにおける機器の接続性がこれからの重要課題として機器メーカにのしかかる。

第3部<2000年の技術>
長距離/高速版のP1394b,符号化や調停方式を一新

(本誌の要点から) 長距離/高速版の規格「P1394b」の概要が明らかになった。既存の規格との互換性を捨て,新しい符号化方式や調停方式を採用する。符号化方式を「8B/10B」に変えることで,伝送距離を100mに伸ばす。スクランブルを用いたスペクトル拡散技術によって,放射雑音を減らす。4.5m以下の近距離では,データ伝送速度を1.6Gビット/秒に高める。データ伝送効率を向上させるために,「BOSS」と呼ぶ調停方式を導入した。半導体メーカ数社は,P1304b対応LSIの開発に乗り出した。

P1394bは伝送媒体によって,データ伝送速度と伝送距離が異なる。