PR

 IPSとMVAに続き,液晶パネルの表示性能を格段に向上させたもう一つの技術であるOCBモードを紹介する。OCBの最大の特徴は,原理的に高速動作できることである。そのカギは,OCB特有のベンド配向と呼ばれる弓なりの液晶配向状態にある。このベンド配向を安定に実現する技術の確立によって,OCBの実用化が可能になった。その後,黒画面挿入やバックライト点滅の技術を取り入れて動画応答の改善を進め,CRTを上回る動画応答の値を実現できるようになってきた。このような高速応答を生かして,車載機器や時分割表示ディスプレイといった用途への応用展開を進めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)