PR

 米国のベンチャー企業であるMicroworkz Computer Corp.は,販売価格が99米ドルのパソコンを1999年夏に発売する。ただし,購入者はインターネット接続料金として月額19.95米ドルを支払う。インターネット接続のために,接続事業者の米EarthLink Network Inc.と提携した。価格にはCRTモニタが含まれていない。

 価格を抑えるために「iToaster」と呼ぶUNIXベースの独自OSを搭載する。専用のWWWブラウザや文書作成,表計算などアプリケーション・ソフトウエアを備える。マイクロプロセサには米Intel Corp.のCeleronを採用する予定。内蔵モデムの最大データ転送速度は56kビット/秒である。ハード・ディスク装置の容量は2.1Gバイトと小さい。CD-ROM装置は備えない。

 主な収入は広告から得る。たとえばユーザが初期画面に表示される「Book」のアイコンをクリックすると,自動的に米Amazon.com, Inc.のホームページにアクセスする。こうすることでAmazon.com社から広告料を徴収する。