PR

 東京大学大学院情報学環坂村研究室は2007年12月11日,世界最大の文字フォント・セット「Tフォント」を無償公開すると発表した。2008年4月から一般に公開する。

 Tフォントは大きく三つの文字セットから成り立っている。いずれもTrueTypeフォントとして提供する。まず文字数12万文字の漢字セット。これは明朝体,ゴシック体,楷書体の3書体をそれぞれ提供する。次が島邦男氏の「殷墟ト辞綜類」に収められた甲骨文書体をもとに作成した4000字の甲骨文字整理用フォント。また,甲骨文字画像をもとに作成した1万5000文字の甲骨文字フォントも付属する。12万文字の漢字セットの中には,大漢和辞典などに収録されている文字を中心としたGT文字セット,宗・明次代の文献を基に抽出された異体字から成る約3万5000文字の宗明異体字文字セット,古典で用いられる小文字釈文,変体仮名,濁点かな文字などが含まれているという。

 対応OSは「超漢字4」「超漢字V」,T-Kernelのほか,Windowsでも利用できる。