PR

 神戸製鋼所はこのほど,中国浙江省平湖市に特殊鋼線材の二次加工拠点「神鋼特殊鋼線(平湖)有限公司」を設立したと発表した。主に,自動車の重要保安部品である高強度ボルト・ナットなどに使う特殊鋼線材製品「冷間圧造用ワイヤー」(CHワイヤー)を製造し,日系の自動車部品メーカーを中心に販売する。新会社の資本金は12億円で,神鋼が50%,神鋼商事が30%,線材二次加工メーカーの大阪精工と名北工業がそれぞれ10%ずつ出資。生産能力は2100t/月で,2009年4月に稼働予定。

 神鋼は,2006年に特殊鋼の主力生産拠点である神戸製鉄所に第5連続鋳造設備を新設するなど,国内では高級鋼の供給体制強化に努め,神戸・加古川両製鉄所を特殊鋼線材の供給基地と位置付ける。その上で,中国を含むアジア地域においては,ユーザーが進出した現地で二次加工を実施していく。今回の新会社設立も,日系自動車部品メーカーの中国進出や能力増強に対応したもの。

この記事を中国語で読む