PR
リチウムエナジー ジャパンのロゴマーク
リチウムエナジー ジャパンのロゴマーク (画像のクリックで拡大)

 ジーエス・ユアサ コーポレーション,三菱商事,三菱自動車の3社は,2007年12月12日に大型Liイオン2次電池を手掛ける合弁会社「リチウムエナジー ジャパン」を設立した(発表資料)。電気自動車やプラグイン・ハイブリッド車といった自動車やその他産業向けの大型Liイオン2次電池の開発・製造・販売を行う。

 出資金は5億円。2008年4月に増資を行い,40億円にする予定である。ジーエス・ユアサ コーポレーションの完全子会社であるジーエス・ユアサ パワーサプライが51%,三菱商事が34%,三菱自動車が15%出資する。2009年度には,年産20万個の生産量を目指す。今回の合弁会社設立によって,大型Liイオン2次電池の用途拡大を目指すジーエス・ユアサ コーポレーションと,電池事業の周辺事業創出を目指す三菱商事,電気自動車の普及を目指す三菱自動車の3社が,強力なシナジー効果を発揮できるとしている。

 代表取締役社長には,現在ジーエス・ユアサ コーポレーションの常務取締役を務める小野勝行氏が就く。

大型リチウムイオン電池セル
大型リチウムイオン電池セル (画像のクリックで拡大)

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む