PR
横から見たところ。前後に液晶パネルが付いているのがわかる。中央部分がパソコン本体で,メイン・ボードやマイクロプロセサが格納されている。
横から見たところ。前後に液晶パネルが付いているのがわかる。中央部分がパソコン本体で,メイン・ボードやマイクロプロセサが格納されている。
[画像のクリックで拡大表示]
前から見たところ。前面には15インチ型,背面には10インチ型の液晶パネルを備える。
前から見たところ。前面には15インチ型,背面には10インチ型の液晶パネルを備える。
[画像のクリックで拡大表示]
後ろから見たところ。前後の液晶パネルには同じ内容を表示することも,別々の内容を表示することもできる。
後ろから見たところ。前後の液晶パネルには同じ内容を表示することも,別々の内容を表示することもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 液晶パネルが二つ付いていて,前からでも後ろからでも画面を見ることができる変わった液晶デスクトップ・パソコンが展示されていた。展示していたのは台湾TaTa Industrial Co., Ltd.である。複数の液晶パネルを備えたパソコンといえば,日立製作所が横に3枚の液晶パネルを並べた試作機を1998年のCOMDEX/Fallで展示していた。だが,裏と表の両面に液晶パネルを付けたというのは珍しい。

 このパソコン,たとえば商談のときに相手側のディスプレイにプレゼンテーションの画面を示しながら,自分の側では別の操作をするといった用途を想定しているという。価格は2200米ドル。