PR
電源プラグを挿した状態。画面の動作周波数のインジケータは500を指している。
電源プラグを挿した状態。画面の動作周波数のインジケータは500を指している。
[画像のクリックで拡大表示]
電源プラグを抜いた状態。動作周波数のインジケータは400に落ちた。
電源プラグを抜いた状態。動作周波数のインジケータは400に落ちた。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel Corp.は,ノート・パソコン向けの電源管理技術「Geyserville」のデモンストレーションをみせた。デモ機は500MHz動作の PentiumIIIプロセサを搭載した大型のノート・パソコンである。電源プラグを引き抜いて電池動作に移行すると,自動的に動作周波数が400MHz に低下する。ただし,Geyserville技術の詳細などは明らかにしなかった。