PR

「B-CASカードは不正入手できない」との前提に限界

 整理すると、Friioの仕組みには大きく4つの問題点が内包されている。(1)B-CASカードの入手方法、(2)パソコン内部でのデータ暗号化、(3)HDD書き込み時のデータ暗号化、(4)HDD書き込み時のCCIの扱い、である。ここから先は、それぞれの詳細を順に説明していこう。表1を参照しながら読み進めてほしい。

表1 Friioの動作原理に内在する4つの問題点
1)B-CASカードの入手方法FriioはB-CAS社による審査を受けておらず、B-CASカードを添付していない。また、ユーザーに対しB-CASカードの不正入手を促している
2)パソコン内部でのデータ暗号化パソコン内部、もしくはパソコンとディスプレイなどの周辺機器との間でデータを扱う際に暗号化していない
3)HDD書き込み時のデータ暗号化HDDに書き込まれたデータは暗号化されておらず、フリーソフトや市販ソフトで自由に再生/加工/複製できる
4)HDD書き込み時のCCIHDDに書き込んだ時点で「1世代のみコピー可」から「コピー禁止」へ書き換える必要があるが、これを無視。回数制限が有名無実化

 まずはB-CASカードだ。一般に、デジタル放送に対応したテレビやDVDレコーダーなどを購入すると、B-CASカードが添付されている。といっても、B-CASカードはメーカーが勝手に作れるものではない。メーカーは製品の量産出荷前に、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)に申請を出して、カードを受け取り製品に添付している。

 B-CAS社は申請を受けたら即B-CASカードを発行するわけではない。個々の製品がARIBの標準規格に沿っているかどうかを審査する。例えばスクランブル解除後のデータをそのままHDDに書き込んだり、「1世代のみコピー可」のCCIを無視したりする機器は、このB-CAS社による審査で不合格となり、B-CASカードの発行を受けられない。Friioのような機器が申請しても、審査で不合格となればB-CASカードの発行を受けられない。B-CAS社がデジタル放送対応機器を全機種審査することで、各メーカーにARIBの標準規格を順守させてきたわけだ。

 ところがFriioの販売元は、B-CAS社の審査を受けずに機器を発売した。当然FriioにB-CASカードは添付しない。B-CASカードにはMULTI2の復号鍵が入っている。B-CASカードがなければスクランブルを解除できないため、そのままでは地デジの視聴はできない。

 そこでFriioの販売元はユーザーに対し、B-CAS社にカードを発行してもらうよう促している(図3)。だが、正直に「Friioに使うため」と言えば拒否されるため、ユーザーは虚偽申請をせざるを得ない。このほかの手段としては、自宅にある既存のデジタル放送対応機器から流用する、友人などから譲り受ける、ネットオークションなどで購入する、などがある。これらも適切な方法ではない。B-CASカードはB-CAS社がユーザーに貸与しているもので、使用範囲はカードが添付されていた機器に限られる。その機器が故障や廃棄、売却などで手元からなくなったら、B-CASカードをB-CAS社に返却しなければならない。B-CASカードを他の機器に流用するのは契約に反する使い方ということになる。

図3 FriioのWebサイトでは、ユーザーがB-CAS社に連絡し、B-CASカードを発行してもらうよう促している。明示はしていないものの、ユーザーがこの方法でカードを入手するには申請理由を偽らなければならない