PR

 日本電子工業振興協会(JEIDA)は99年7月21日,コンピュータが1999年9月9日に誤作動を起こす「西暦1999年9月9日問題」について,「(問題の原因となる)技術的な根拠はない」と発表した。「99年99月99日」を意味のあるデータと判断するプログラムがあるため,同じ「9」の数字が並ぶ「1999年9月9日」に誤作動を起こすという誤解が生じたのだと推測している。JEIDAやJEIDA会員のホームページを通じて,同問題への誤解を呼びかける。

 西暦1999年9月9日問題とは,99年を,例えば,「データの終了」「無効なデータ」「無期限」など,意味のある特別な日付として扱うプログラムが, 1999年9月9日に誤作動を起こすとする問題。誤作動を起こす可能性のあるプログラムとして,(1)99年を特別な日付と見なすプログラム,(2)99 年99月を特別な日付と見なすプログラム,(3)99年99月99日特別な日付と見なすプログラム---と,3つのパターンがある。

 (1)の可能性については,1999年1月1日から1999年9月8日までに一度でも実行されたプログラムであれば,問題はすでに発生しているはずだとしている。 (2)と(3)の可能性については,99月や99日がカレンダー上では存在しない日付のため,問題は発生しないと判断した。(加藤 慶信=ニュースセンター)