PR

 三洋電機は,中国の天津市にNi水素2次電池の製造/販売を行なう合弁会社を1999年4月に設立する。出資するのは三洋電機のほか,中国の天津藍天電源公司と豊田通商で,合弁会社の名前は「天津藍天三洋電源有限公司」。出資比率は三洋が51%,天津藍天が44%,豊田通商が5%である。資本金は1460万米ドル。  

  生産するNi水素2次電池は,携帯電話機に向けた角型品である。中国で携帯電話機市場が急拡大していることに対応する。生産開始は1999年6月。1999年度は年1400万個を生産する予定で,2000年度には年3000万個に高める。(山下)