PR

 米Monterey Design Systems, Inc.は,同社の最適化機能付き自動レイアウト・ツール「Dolphin」のプリプロセサとして働く,ゲート・レベルのデザイン・プラニング・ツール「Sonar」を発表した(リリース文)。Dolphinがレイアウト設計者を対象にするのに対して,Sonarは論理設計者をターゲットにする。

 Sonarの入力は論理合成直後のゲート・レベル・ネットリスト,およびタイミングと物理制約条件,タイミング・ライブラリである。これらを入力すると,「ゆるい」フロアプランおよび配置を実行する。この結果を基に,タイミングの余裕度や配線混雑度,チップ面積などを見積もる。論理設計者はこれらの情報を参考し,論理設計の見直しを検討する。Sonarは,トップ・レベルの配線ツールや外部I/Oセルの割り当てを行なう機能も備えている。論理合成直後にレイアウトを検討することで,Dolphinの処理を容易にすることをねらう。

 同社は,インターネット/イントラネット経由で使う「e Dolphin」を発表しており(EDA Online関連記事),今回のSonarのインターネット/イントラネット対応版「eSonar」も提供する予定。Sonar ,eSonarとも2000年第3四半期の予定。