PR

 日立マクセルは,インターネット対応の携帯音楽プレーヤ事業に参入すると発表した。NTT東日本と神戸製鋼所からOEM供給を受けた携帯プレーヤを, 11月末に発売する。価格は3万円前後で検討中。厚さは10mmで,重さは約52g。記録メディアには,スマートメディアを使用する。

 楽曲のコンテンツは,NTTソフトウェアのオンライン・ショップ「BaySide」 などで提供する。楽曲のデータ形式は,データ容量を18分の1に圧縮できる「TwinVQ」形式を採用する。SDMIに準拠した著作権保護方式を採用する。

 なおこの商品は,9月21日に発足予定の日立マクセル・コンシューマ営業本部市場開発部が,パソコン用デジタルカメラについで手がける2番目の製品となる。(小川 計介=ニュース編集部)