PR

 オランダNXP Semiconductors社と,ソフトウエア会社の仏Purple Labs社は共同で,100米ドル以下のLinuxベースの3G携帯電話機の参照モデル「Purple Magic phone」を発表した(発表資料)。3G携帯電話機のエントリー機種として,映像,音楽の再生,インターネットの閲覧機能などを備える。東南アジアや東ヨーロッパ,中南米市場をターゲットとする。

 Purple Labs社によると,3G携帯電話機のエントリー機種は,120米ドル~145米ドルで出荷されているが,同社のLinux開発技術により100米ドル以下で出荷可能になるという。同社は,3G方式や3.5G方式の携帯電話機市場向けに,開発プラットフォームを提供するという。

 なお,今回の開発品は,2008年2月11日~14日にスペインのバルセロナで開催される「Mobile World Congress 2008」に出展予定である。