PR

 富士写真フイルムは,容量250MBのZipディスク「Zip250ディスク」および同ディスク対応のZip装置「Zip250ドライブ」を9月21日に発売する。ディスクはオープン価格。装置はSCSI接続モデル(Macintosh用/Windows用とも)が3万6000円,パラレル接続モデル(Windows用のみ)が3万8000円。

 独自開発の「ATOMM(超薄層散布型メタルメディア)技術」を採用し,100MBタイプと同じサイズのメディアに,2.5倍の容量を記録できるようにした。装置の仕様は以下の通り。最大データ転送速度はSCSIモデルが2.4MB/秒,パラレルモデルが0.6MB/秒。回転数は2941回転/分,平均シーク時間は29ミリ秒。サイズは幅139×奥行き190×高さ42mm。重量は450g。100MBタイプのメディアも読み書き可能。

 同時に,既存の100MBのZip装置にUSB接続モデル「Zip100USBドライブ」を追加する。Macintosh/Windows共用で,価格は2万6000円。主な仕様は,最大データ転送速度が1MB/秒,回転数が2941回転/分,平均シーク時間は29ms。電源はACアダプタから供給する。サイズは幅136×奥行き184×高さ38mm。重量は450g。(藤中 憲人=ニュース編集部)

■問い合わせ先: コンピュータメディアインフォメーションセンター 電話03-5466-3901