PR
Blu-ray DiscまたはHD DVDに対応する録画機の販売台数シェア(データ出典:BCN)
Blu-ray DiscまたはHD DVDに対応する録画機の販売台数シェア(データ出典:BCN)
[画像のクリックで拡大表示]

 Blu-ray Discレコーダがいよいよ本格普及期に入る。調査会社のBCNが全国のパソコン/家電量販店26社の販売実績を集計したところ,2008年4月のBlu-ray Discレコーダの国内販売金額は,DVDレコーダ/HDDレコーダ市場全体の5割を超えたことがわかったという。台数シェアでは3割に上る。

 なお,2008年1月時点では,HD DVDと合わせた金額シェアが24.2%,台数シェアは12.4%だった。Blu-ray DiscとHD DVDの2規格の覇権争いに決着がついたことで消費者の戸惑いが解消され,Blu-ray Discレコーダの需要が拡大したとみられる。今後はBlu-ray Disc機器メーカー同士の主導権争いが激しくなり,価格低下が需要を促進するとBCNはみている。

 Blu-ray Discレコーダ/HD DVDレコーダのメーカー別販売台数シェアでは,これまでソニーが50%以上を維持してきたが,2008年4月は松下電器産業が45.8%で首位に立った。店頭価格が10万円を下回る新機種「DMR-BR500」を3月に投入した効果で,大きく伸びた。五輪特需に向けて今後は低価格帯機種の投入が相次ぐとBCNは予測する。

この記事を英語で読む