PR

 米Microchip Technology Inc.は,USBコントローラを搭載したマイコンの製品ラインを拡充した(関連資料)。今回発表したのは,低消費電力で動作する16ビット・マイコン「PIC24F USB」ファミリー,ピン・周辺回路及びソフトウエア互換を保ち最大80MHzで動作する32ビット・マイコン「PIC32 USB」ファミリー,およびローエンドに位置する小型・低消費電力の8ビット・マイコン「PIC18F1XK50」ファミリーである。

 PIC18F1XK50ファミリーの中でも「PIC18F13K50」と「PIC18F14K50」は,Microchipが提供するUSBコントローラ搭載マイコンの中で最廉価となる。この2製品は,低コストの8ビット・マイコンではこれまでは提供できないUSB2.0コントローラの機能と,I2C,SPI,USARTといったシリアルインターフェースを提供する。

 PIC24F USBファミリーには12製品を追加する。低消費電力(スタンバイ電流は2.6μA)で,最大256Kバイトのフラッシュ・メモリと16KバイトのRAMを備えた16ビット・マイコンである。USB2.0デバイスやUSB2.0ホスト/デュアルロール,USB On-The-Go(OTG)機能を搭載する。

 PCI32 USBファミリーには,USB2.0 OGTを統合した製品が追加された。これらは最大80MHzで駆動され,最大512Kバイトのフラッシュ・メモリと32KバイトのRAMを搭載する。

 PIC18F1XK50ファミリーは,20ピンのSSOP/SOIC/PDIPと5×5mmのQFNパッケージで提供される。1万個あたりの価格はPIC18F13K50とPIC18LF13K50が1.32米ドル,PIC18F14K50とPIC18LF14K50が1.46米ドル。さらに大量購入する場合,具体的な金額は数量に依存する。現在は限られた量のサンプル出荷が始まっており,量産は2008年第3四半期を予定している。

 12種類のPIC24FJ256GB1ファミリーは64ピン/80ピン/100ピンのTQFPパッケージで提供する。すでにサンプル出荷と量産を開始している。価格は1万個あたり3.47米ドルからとなっている。

 PIC32のUSB 2.0 OTG機能を持つものは,32Kバイトのフラッシュ・メモリを搭載し,64ピンのTQFPパッケージで提供する40MHz駆動で低コストタイプのPIC32MX420F032H-40I/PTが,1万個あたり3.25米ドル。