PR
[画像のクリックで拡大表示]

 村田製作所は,ディーゼル・エンジンの燃料噴射装置に向けたピエゾ(圧電)素子の量産準備を整えた。「AT International 2008」(2008年7月23~25日,幕張メッセ)で試作品と,仕様の一部を公開している。

 こうした用途で多用されるソレノイドに比べて「動作の精度や速度,重さの点で優位性がある」(説明員)。この結果,燃費の向上が期待できる。公開したピエゾ素子の外形寸法は7mm×7mm×40mm。変位量は55μm。静電容量は5.5μFである。

[画像のクリックで拡大表示]