PR

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は2008年8月6日,動画投稿・共有サイト「TVブレイク」が著作権を侵害しているとして,同サイトを運営するジャストオンラインを東京地方裁判所に提訴した(発表資料)。JASRACが管理する著作物の同サイトでの利用の禁止と,無許諾で利用した期間の損害金1億2800万円余りの賠償を求めている。

 JASRACによれば,JASRACは2007年6月以降ジャストオンラインに対して,JASRACの管理する著作物を含んだ著作権侵害動画のTVブレイクへの投稿を防ぐために,具体的な対策を講じるよう要請して来た。また,著作権を侵害している動画の配信を停止するよう求めて来た。これに対してジャストオンラインは,JASRACの要請を拒否し,対策をとらなかったという。

 JASRACの調査によると,2008年4月の時点でTVブレイクには,JASRACの管理する著作物を含んだ動画ファイルが少なくとも2万613件あり,それらが視聴された回数は合計381万2198回だったという。この回数と,JASRACが定める使用料規定を基に,今回賠償請求する損害金を算定した。

修正:記事の公開当初,動画共有サイト「TVブレイク」の運営事業者をパンドラTVと表記しておりましたが,同社は2008年8月1日に社名をジャストオンラインに変更しておりましたので,記事を修正しました。