PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコンは,世界で初めてHDTV動画の撮影に対応したデジタル一眼レフ・カメラ「D90」を,2008年9月19日に発売する(ニュース・リリース)。想定実売価格は12万円であり,D90は「D80」の後継に当たる。

 撮影できるHDTV動画は720/24p(1フレームの画素数が1280×720画素,秒間フレーム数は24)。HDTVとしては最低限の精細度だが,浅い被写界深度などを生かせば,放送局用カメラを超える豊かな映像表現を実現する。(ボケ味などを生かしたサンプル動画一般的なビデオカメラとの比較,以上のほか9本のサンプル動画が掲載されているページはこちら

 D90が備えたCMOSセンサの撮像部寸法はAPS-Cサイズ。放送局用カメラは2/3型なので,撮像部の面積はD90の方が6.7倍も大きい。

 動画撮影中のピント合わせはユーザーが手で行う(マニュアル・フォーカス)。これはD90内のミラーをアップさせて動画を撮るため。静止画撮影に用いるオートフォーカス用撮像素子に光が供給されない。なお, 測光モードはマルチパターン測光に固定される。

 このほかの主な特徴は次の通り
 ・動画の形式はMotion JPEG
 ・HDMI出力に対応
 ・3型VGA液晶パネルを搭載,視野角は170度
 ・通常設定できるISO感度は最大3200
 ・顔認識やシーン認識結果に基づく撮影が可能
 ・有効画素数は1230万,撮像素子の画素ピッチは5.3μm程度
 ・大きさは約132mm×103mm×77mm
 ・バッテリーなどを除く重さは約620g

この記事を英語で読む