PR
[画像のクリックで拡大表示]

 TDKは,同社のテクニカルセンター(千葉県市川市)の敷地内に,高精度の電磁波の測定や評価が可能な大型の電波暗室棟を建設すると発表した(発表資料)。同社の新製品開発における電磁波測定や評価,解析,EMC(electro-magnetic compatibility)対策技術などの提案に向けるほか,顧客製品の解析などを行う「EMCソリューション事業」の強化にも向ける。工期は2008年10月~2009年10月。

 新電波暗室棟は,情報型家電,情報機器,自動車など向けの10m暗室,車載用電装機器など向けの3m暗室,アンテナ機器向けのアンテナ測定用暗室とシールド・ルームを備える。シールドルームでは,近傍磁界測定などを行う。

 暗室のサイト・アッテネーション特性は,±1.5dB以内(30MHz~1GHz)。サイト・アッテネーションは,測定場における送受信アンテナ間の電波減衰特性である。今回の暗室では,最先端の電波吸収特性を持つ同社独自のフェライト電波吸収タイルを使用する。