PR

 産業技術総合研究所(産総研)は,CIGS(Cu-In-Ga-Se)型太陽電池の量産型サブ・モジュールで,光電変換効率15.9%を実現した。高品質なCIGS光吸収層を大面積で均一に製膜する技術を開発した。加えて,その光吸収層の特性を生かした集積化技術も開発した。これにより,10cm角のガラス基板を用いたサブ・モジュールでの変換効率が15%を超えたという。このサブ・モジュールは市販のCIGS型太陽電池モジュールと同じ構造を持つ。現在,最も普及している多結晶Si型太陽電池と比べて,コストと性能の両面で競合できる可能性を示したとする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料