PR

 米Google Inc.は,新規開発したWebブラウザーを,米国時間の2008年9月2日から配布する方針であることを明らかにした(Google社の公式ブログサイト)。オープンソースのWebブラウザーで,名称は「Google Chrome」。まずはベータ版を,100以上の国々で配布開始するという。
 
 Google社は開発の狙いについて,「Webページが,単純なテキスト・ベースから,よりリッチなものに進化してきた。このため我々は,Webブラウザーを根本から考え直す必要があった」としている。まずはWindows OSに向けたベータ版から配布するという。

 Google社のWebブラウザー開発については,以前から多くの噂があった。米国のニュース・サイトでは,米Microsoft Corp.のInternet Explorerの強力なライバルになるという見方も出ている。