PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 米MotorolaとドイツのDeutsche Telekomはドイツで現地時間2008年9月1日,ドイツ国内向けIPテレビ(IPTV)事業で提携すると発表した。Deutsche TelekomはIPTVサービス「T-Home Entertain」用セットトップ・ボックス(STB)の供給をMotorolaから受ける。

 Deutsche Telekomは,Motorola製STB「VIP1616E」を「Media Receiver 300 Typ A」という名称でT-Home Entertainユーザーに提供する。ユーザーはフルハイビジョン(フルHD)映像コンテンツを視聴できるほか,電子番組表(EPG)の確認や録画が行える。

 VIP1616Eは双方向IP通信機能も備え,マルチキャストやビデオ・オンデマンド(VOD)などの利用も可能。米MicrosoftのIPTV基盤にも対応している(関連記事:“コネクテッド・テレビ”で新たな視聴体験を--マイクロソフトTVのロドリゲスCEO)。

 Deutsche Telekomは,IPTVサービス提供にあたってMicrosoftの協力を得ている(関連記事:米Microsoft,独Deutsche Telekomと「欧州で最大規模の」IPTV提携)。

[発表資料へ]