PR

 米Microsofto Corp.の日本法人であるマイクロソフトは,同社の据置型ゲーム機「Xbox 360」の国内での価格を,2008年9月11日から引き下げると発表した(発表資料)。同社が2008年9月1日に開催した日本市場に向けたXbox 360の年末商戦施策の発表会で明らかにしたもの。現在,国内で販売する3機種をすべて値下げする。

 Xbox 360のスタンダード機は,HDDの容量を現在の20Gバイトから60Gバイトに高め,税込み2万9800円で販売する。現行の価格は3万4800円で,5000円の値下げになる。従来のスタンダード機は,在庫が終了次第,販売を終了するが,それまではオープン価格で販売する。

 120GバイトのHDDを搭載する上位機種「Xbox 360 エリート」とHDDを搭載しない下位機種「Xbox 360 アーケード」の価格はそれぞれ8000円引き下げ,税込みで3万9800円と1万9800円とする。今回の価格改定により,Xbox 360 アーケードの価格は,任天堂の据置型ゲーム機「Wii」よりも安価になる。

 さらに,マイクロソフトはXbox 360の新しいユーザー・インタフェース(UI)や機能などを含む「NEW XBOX EXPERIENCE」を,2008年内に国内でも提供開始すると発表した。NEW XBOX EXPERIENCEは2008年7月に米国で発表されている。NEW XBOX EXPERIENCEでは,ユーザーの分身となるアバターが設定できたり,最大8人までのユーザーとボイス・チャットを行いながら,自分で撮影した写真を共有することなどができるという。