PR

図1 国内初公開の「PSP-3000」
図1 国内初公開の「PSP-3000」 (画像のクリックで拡大)

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は,PSPの新型機「PSP-3000」の国内発売日を2008年10月16日と発表した(ニュース・リリース)。旧型機に対し,内蔵マイクを標準で搭載し,液晶パネルの画質を向上させるなどしたマイナー・チェンジ版である。価格は旧型機と同じ1万9800円。黒,白,シルバーの3色を用意する。

 同社はこの発表に合わせ,PSP-3000を国内では初めて報道陣に公開した。液晶パネルの特性は,色域は旧型機ではNTSC比で53%だったのに対し,新型機では85%に向上させた。同じくコントラスト比は400対1から2000対1に,応答速度は30msから8msにそれぞれ向上させた。さらに,反射光を低減する機能も加え,視認性を高めたという。

図2 SCEは,トマトを含む野菜の静止画を使い,PSP-2000(左)とPSP-3000(右)の画質を比較する展示を行っていた。旧型機と比べ,赤の表現力が増しているのが分かる
図2 SCEは,トマトを含む野菜の静止画を使い,PSP-2000(左)とPSP-3000(右)の画質を比較する展示を行っていた。旧型機と比べ,赤の表現力が増しているのが分かる (画像のクリックで拡大)

 同梱パックは3種類を用意する。ゲーム・タイトルは「パタポン2 ドンチャカ」,「機動戦士ガンダム ガンダム vs ガンダム」,「ディシディア ファイナルファンタジー」の3つ。2008年11月より順次発売する。

PSPのネットワーク機能を強化

 年末商戦に向けたもう一つの目玉が,PSPのネットワーク機能の強化である。同社のネットワーク・サービス「PlayStation Store」を,2008年秋までにPSPから直接利用できるようにする。これにより,PSP単体でゲームや特典映像をダウンロードできる。従来は,PlayStation Storeのコンテンツを利用するにはPS3またはパソコンを経由する必要があった。

 加えて,複数のPSPを無線LANでアドホック接続する「アドホック・モード」対応のゲームについて,PS3の無線LANを経由して離れたユーザー同士でも遊べるようにするサービスを始める。

図3 PSPの2008年1月~8月の販売台数は247万台で,前年比89%増。据え置き機を含めたゲーム・コンソールの販売台数では国内トップという
図3 PSPの2008年1月~8月の販売台数は247万台で,前年比89%増。据え置き機を含めたゲーム・コンソールの販売台数では国内トップという (画像のクリックで拡大)

【動画】発表会の模様をビデオでご覧いただけます

この記事を英語で読む