PR

 ファルテックは2008年8月、ハーフミラーとLED(発光ダイオード)を組み込み、通常は金属調の外観ながら点灯時には文字が光るドアハンドルを開発した。具体的な量産化は未定だが、各種の外装部品や内装部品の高付加価値に役立てたい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料