PR

 川崎重工業は,移動地面板(ムービングベルト)付きの実車風洞を富士重工業に納入した(図)。道路に相当する自動車下の部分を風速と同じ速度で動かすムービングベルトを装備することで,実走行に近い状態を風洞試験で再現できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料