PR
今回発表した冷蔵庫
今回発表した冷蔵庫
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「iGorenje」の画面例
「iGorenje」の画面例
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 スロベニアの家電メーカーであるGorenje gospodinjski aparati, d.d.は,2008年8月29日~9月3日にドイツのベルリンで開催された「IFA 2008」に,米Apple Inc.の「Made for iPod」プログラムで認定された冷蔵庫を出展した(発表資料同2)。Made for iPodプログラムは,Apple社がサード・パーティ製のiPod関連製品を認定するプログラム。Gorenje社は,今回開発したiPod対応の冷蔵庫にApple社の技術を利用するため,Apple社とライセンス契約を締結したという。

 iPod対応冷蔵庫は,扉の全面にiPodをのせるドッキング・ステーションがあり,内蔵スピーカーでiPodに蓄積した音楽コンテンツなどを再生できる。台所で無線LANが使用できる場合は,Webサイトの閲覧などもできるため,iPodでレシピを見ながら料理をするといった使い方ができるとする。

 さらに同社は,料理やその他の家事に関連する機能を提供するWebアプリケーション「iGorenje」を拡充した。ホーム・サーバーに接続する家電製品を,無線LANで制御する機能のテスト版を追加した。iPodのほか,携帯電話機やPDA,ノート・パソコンといった日常持ち歩いている携帯機器でiGorenjeを利用すると,オーブンや洗濯機などを遠隔操作できる。iGorenjeのポータル・サイトは,iPod touchやその他の携帯機器のディスプレイに最適化されている。

 例えばオーブンを自動プログラムで操作する場合,ユーザーはiGorenjeのポータル・サイト上で食べ物の種類やおよその重さを選ぶだけで,その他の条件は自動的にオーブンが設定し,動作するという。洗濯機の場合も,iGorenjeのポータル・サイトから洗濯物に合ったプログラムを選択するだけで,外出先からでも洗濯機を操作できる。また,洗濯の進行状況を確認することもできるとする。